top of page
  • startcreation

大学時代の友達が訪ねてきた話

【再会】大学時代の話。


もう、17年前か。世のイメージするであろうキラキラしたキャンパスライフとは全く異なる厚木の奥地に大学があって、周りに店も何も無い奥地でリア充になるためには、暇を埋めるためバイトするか、よほど自分の学んでいた分野を研究するか、限定された条件の中、自分で学内で暇を埋める方法を見出さないといけなかった。



俺が選んだのは、深夜バイトもしてたけど、一番力を入れていたのが、めちゃくちゃ沢山のサークルに入りまくって、知人を作る事だった。



【主に入ってたサークル】

  • 弦楽サークル (部長が友達だったので、人数合わせと、コンサート後、宴会部長という役職を賜り、打ち上げを幹事として仕切る係)

  • ピアノサークル (全くサークルには顔出さず、学園祭の時だけ出てきて、女子に囲まれて自家製クッキーを作って売りまくり金儲けする係)

  • サッカーサークル (これは好きだったから結構真面目に楽しんで過ごした)

  • ホラー映画サークル (元々は仲良い友人達と週1ホラー映画を鑑賞しながら酒を飲むための口実で作ったサークル)。ただ、今年街を巻き込む映画祭の企画に発展させたので、まぁサッカーサークルくらい俺は好きな事だったんだろう。


と、色々各所顔出しまくったおかげで、先輩、同期、後輩の友達がそれなりに出来たと思う。

その後、大人になって現場でたまたま仕事する事になった昔の友達、仕事ではまだ絡みないけど、変わらぬノリで、たまーに近況報告がてら会って飲む友達。


藍さんと久々再会

なんだかんだ、大学時代の友達はみんな俺にとって特別なんだけど、今日はもう会うのは10年近くぶりかな?

海外移住してスウェーデン人の旦那さんと結婚して、5年くらい前に地元北海道に戻ってきた、ピアノサークル時代の部長、友達の藍ちゃんが、次男くんのコンクール本戦出場がきっかけで、東京に出てきた流れで、

うちのスクールの特別レッスンを訪ねてくれて(祥子さんがレッスン指導)、久しぶりに会った。


藍さんは以前英会話スクールの企画でインタビューをしたこともある方です。




指導を息子さんが受けている間、私はずっと、茶飲みながら、藍ちゃんと昔話を喋っていただけだけど、

大学時代と何も変わらない、俺的に自分で探して見つけたあのキラキラした時間が今日は流れたのだった。


写真通り、北海道でオリジナルのお菓子販売をしながら音楽活動もされているとの事で、

今夏うちがPR動画制作がてら、藍ちゃんの北海道(上砂川)の職場へ撮影出張も決まった。


めちゃくちゃ藍さんが作った商品テレビやメディアで紹介されてました。

今年からふるさと納税の返礼品にもなるみたい。


紹介メディア「石炭ケーキ」

俄然、これからもこういった話は金なんかじゃ全くないと思っていて、俺が友達と思える人からは、それより大事な根底の部分を大事にしていて、

活動を楽しめる、広がっていける事の方が超大事。


昔の友達の再会はいつもパワーをもらえる。





エクルンド藍多文化教室

閲覧数:6回2件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page