• startcreation

#216 本日読んだ本 溝口淳著

たまにはこういう本も読んでみます。

経営はどこにヒントがあるかわからないので。




日本最大の組織といえば言わずもかなですね。

印象として勿論表か裏かでいうと限りなく裏の印象ですので、ダークな部分ばかりに着目した本とい思っていたのですが、主にはインタビューを中心にした組長の人柄や考えについて描かれている印象でした。


それにしてもやはり豪傑という言葉そのものですね。



やはりが金の力は組織においては最も力のあるもので、

例えば、「三菱はお金ないからもし退治した場合は退かないとしゃーないわな」

とはなから避けざるを得ない、と思わせる所に三菱の大きさがありこれが、

社会で戦っていく中で組織の最もたる部分であると改めて感じます。


「世の中は兵力という言葉」


数は武器という言葉、例えば懲役に出した組員に対して、手当が支払われるのですが

それも、10人の組織で一人1万円ずつ払うのか、1000人の組織で一人千円で済む

にも関わらず集まった金額は膨大になる。

数が大きい組織の方が資金も大きいということは当たり前といえば当たり前なのですが

数の力というものは絶大だなーと感じました。



人柄について

この本では5代目渡辺組長にスポットを充てた本ですが、

影響を受けた人として、元々山健組ということもあり

山健組の組長の影響が大きいようで、

「年功序列ではない」

「分かるまで待つ」

「徳川家康」の本が愛読書

というように、戦略家で勤勉家であるという点も非常に興味深かったです。


モラトリアムな日本において、

恩は忘れず仇は忘れると言った懐の深さや、現6代目組長が

「自分の兵力を傘に物言いしない」と評した人間の大きさからも

豪快で勉強家で戦略家という面も非常に印象的でした。


今回は主に豪傑さ、人間的な器という部分ではある意味究極の局地にいる

方の本ということで面白い本に出会ったと思います。



最後にこの本を読んでいていくつか書かれていたオススメの本







#金の力 #三菱はお金ないから退かないとしゃーない

#世の中は兵力 #数は武器 #懲役に出した組員への手当

#数が大きい組織の方が資金も大きい #年功序列ではない

#山健組長 #分かるまで待つ #今の日本はモラトリアム

#恩は忘れず仇は忘れる #信賞必罰 #器とは自分の兵力を傘に物言いしない

#運動は言論人によって開拓され狂言者によって具体化され活動家によって強化される

#エリックホッファー #山口組経営学 #溝口淳 

7回の閲覧

STart creation株式会社

日本全国どこでも対応可能。

事業所:神奈川県川崎市高津区溝口1-17-7橋本ビル3F

電話番号:050-3559-2960

メールアドレス:info@startcreation.biz

主な事業:カルチャースクール経営事業、イベント各種施設における講師、演奏者、スタッフ派遣事業、イベント・ワークショップの企画制作事業、音源編集、音楽制作・サウンドデザイン事業、個人及び企業向け習い事スクールのサポート事業、各種出版事業等

hp_banner.jpg

Homepage Designed by TLWorks

©2018 STart creation. All Rights Reserved.