top of page
  • startcreation

2024年J2 第四節 鹿児島ユナイテッドFCVS ジェフユナイテッド千葉




明治安田J2リーグ 第4節

鹿児島ユナイテッドFCVS ジェフユナイテッド千葉の一戦。


2020年からの新参ファンとしては、鹿児島があのオリジナル10と試合をするなんて(感無量…)諸先輩方は幾度となく見てきたビッグマッチでしょうが私としては、毎試合ビッグネームと対戦する現実に毎回心踊らされているのです。




さて、実は鹿児島と千葉は3月6日のYBCルヴァンカップ1回戦で対戦し、鹿児島が1-0で勝利していたのでした。


ですので、再戦ということになりますね。

前回勝利した鹿児島が有利と見るか、対策をしてきた古豪ジェフが本領発揮するのか。注目の一戦ともなりました。



今日のスタメン

鹿児島ユナイテッドFC

 


ジェフユナイテッド千葉



※なんといっても元日本代表のCB鈴木選手、テクニシャン田口選手、そして控えメンバーの米倉選手(オールマイティーなプレーヤー)が在籍しているってのはワクワクしますね。

それに、風間三兄弟の宏矢選手や、高木三兄弟の俊幸選手、最近調子の良い10番の小森選手も侮れないです。



ルヴァンカップから、鹿児島が10人、千葉は8人、先発を入れ替えているようで、恐らくこれが現段階のベストメンバー。(ただルヴァンにしかまだ出てない選手の中にも非常に個性的で能力の高い選手がいるので、今の鹿児島は全体の層が厚い!)



※写真はJリーグ公式ページより


前半について

さて、そんな前半。

早速先手を取ったのは千葉でした。

噂(ネットの情報笑)の超積極ハイプレスで相手陣内に攻め入り、右サイド・田中 和樹選手のクロスを小森 飛絢選手が技あり、ポストからの反転、左足ボレー。


スーパープレイ!!!!

流石にJ2は技術が高いなーと感心するプレーでした。

その後も、J3では見られなかったような、精度の高いミドルシュートなど、J3時代は繋いでいた場面でも、技術の高さに裏打ちされたプレーが見られ、

おぉこれぞJ2といったようなプレーにワクワクハラハラします。



しかし、勝ち点は是が非でもgetしたい。

こちらは技術をチームプレーで埋め返す。


21分戸根選手が中盤でボールを奪い、縦パスを受けた米澤 令衣のスルーパスを藤本 憲明が押し込みまず一点。


続いて25分、藤村 慶太選手のボール奪取からカウンターで、藤本がGKに倒されてPK。

これで逆転。


今日は相手GKの調子が良くないのかミス連発。


29分にも、藤村選手のクロスにGKが競り合っいこぼれ玉に米澤が詰めて、3点目。


10分で一気に3得点。




後半について

今日は、完全に押し切れるムードのまま後半です。

鹿児島は

67分、強さと高さが武器の鈴木選手、そして今シーズン初出場の西堂久俊選手を右FWで投入し、さらに71分には、本日大活躍の藤本選手に変わり、スピードとフィジカルが武器のンドカ選手を投入。攻撃の手を緩めません。


一方ジェフも、後半60分、かつて大学No.1FWと言われていたフィニッシュワークに強みのある #呉屋大翔選手 を入れて2トップで攻撃に圧みを高め、形勢逆転を狙います。

そんな76分に呉屋大翔選手にヘディングで1点返されます。




しかし、直後の79分、米澤選手があげて左のクロスを途中出場 #西堂久俊 選手が押し込みダメ押しの4点目。


これで勝負ありでした。


4-2


鹿児島が千葉に勝利し、勝点3をGETです。

これは、上位クラスのチームに大金星と言ってもいい、そんな試合でした。








事業一覧

・音源制作(バレエ、新体操、フィギュアなど各種競技用の音源代行)

・幼稚園、保育園、学童、ジム、隙間時間を活用したレッスンの提供

・各種習い事スクール(語学、音楽、ダンス、その他カルチャー)

・舞台、イベント立案・制作(音楽、ダンス、映像、パフォーマンス)

・各種レンタルスタジオ事業

・地域創生プロジェクト(地域活性化における各種提案)

・習い事スクール主宰者向けサポート事業


全国どこでも対応可能。お気軽にお問い合わせください。

北海道

東北地方 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県

関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県

中部地方 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県

近畿地方 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県

中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県

四国地方 徳島県 香川県 愛媛県 高知県

九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県


閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page