• startcreation

今日の名言:誰でも「いつかは死ぬ」じゃなくて「いつでも死ぬ」。樹木希林 #302





今年は本当に悲しいニュースが多いです。

特に志村けんさんや、岡江久美子さんや、若くして亡くなった方。

某人気俳優の方もそうですね。



そんな時にこの言葉を思い出しました。



私は現在30台後半。

まぁそれなりにですが、生きていく中で人の死を身近に捉えてきました。

身内、友人、仕事仲間。


まぁこれからはもっと増えていくのでしょう。



人の命というのはなんと平等に不平等だと感じます。








会ったことのない私のじいちゃんの話

ちなみに、私が生まれるずっと前に亡くなっているので会ったことがないですが、

私は祖母を不慮の事故で、祖父を白血病でなくしています。


そのため、子供の頃から祖父母の存在は想像でしかないのですが、

どうやら私は祖父に似ているとよく言われていました。


私は子供の頃から、家族で唯一食べるものの嗜好が異なっていて、

酒のつまみになりそうな肝やら、鳥刺やらが大好物で、

中でも、焼き魚の目ん玉のとろっとしたところが大好物でした。

ちなみに、これは死んだじいちゃんの大好物でもあったそうです。


お酒を飲み始めてから、ほぼ毎日のように晩酌をしているほどの酒好きですが(ほぼ焼酎)、

これらの嗜好は、間違いなく「村一番の大酒飲みと言われていた祖父の血筋をついでいる」

と、私の祖父を知る人たちからもよく言われてきました


ちなみに、ここで補足すると私の親はほぼ飲めないのです。



私の血筋を確信

ここからが面白い話で、

30歳になるまで諸事情で一度も会ったことのないおじさんと従姉妹たちがいました。おじさんは、じいちゃんの息子になります。そしてその子供たちってことになりますね。

今は、埼玉の方に住んでいます。


生まれ故郷へある時旅行に来ていたようで、私の名前を知り、

SNSを通して私を見つけてくれて、30歳の時に、従姉妹の結婚式に私と妻を招待いただいたのがきっかけで、そこから交流が始まりました。


その時に、初めて会ったわけですが、従姉妹たちも叔父さんも、ベラボーな大酒飲みでした。笑


そうこの話のオチですが、

長年、「なぜ俺だけが酒を飲め、なぜ俺だけが酒のつまみを好むのか」

についての疑問は、


むしろ、私の親だけが飲めないだけで、

他の親族は全員大酒飲みだった。


というのが正解でした。



これが30年後の真実ってやつです。



会ったことの無いじいちゃんですが、こんなところからも、

じいちゃんや私の一族の血を感じることができ、今も仲良く交流させてもらいながら今に至ります。


人の命というのは、そうやって脈々と受け継がれていくもので、きっといつか私に子供ができた時には私の血筋と、奥さんの血筋が伝わっていくんだと思うと、大変面白いですね。






いつか死んだときのために残すべきこと

人の命というのは、全員が異なるものです。

これまで友人、知人、親族、幾つかの死を経験してきました。


明日死んでも後悔ないように。

明日死んでもあと腐れないように。

次へ確実に足跡を残せるように。


これはある意味自分のテーマになっている気がします。



20台それなりに苦労しました。

30台、今までの疑問が一つずつクリアになって行き、

それなりの方向性が見えてきました。

結婚もし、まだ子供はいませんが未来について考えるきっかけができました。



私だっていつ終わりが来るかわかりません。

ですが、明日死ぬと言われても後悔がないように、

何かを残し、自分のプライベートを人一倍充実させ、できる限り前に歩いて行きたいと思っています。



私のじいちゃんは、会ったことがないけれど、

後に出会うことになる30年間ずっと会いたかったおじさんや従姉妹たちは確かに、私の親族だと思わせてくれる、うまく言葉では言えないけど感覚的な部分があり、これまでの疑問がクリアになって行き、私に血筋というものをしっかり、残してこの世を去っています。



人はいつか死ぬではなく、人はいつでも死ぬ。

もちろん自死など自分でその時間を止めてしまうケースもありますが(尊厳死など様々な理由もあるのでそれ自体の否定はしませんが)、


私は、自然の流れから来る日が来たら、それをしっかり受け入れる必要があると思っています。



そのためには生きている今を大事に。

一度の人生を先の未来をしっかり予測して、一歩一歩進んで行けたらと思っています。


そんなわけで、こんな言葉を思い出したのでブログに残します。



今日の名言:

誰でも「いつかは死ぬ」じゃなくて「いつでも死ぬ」

樹木希林



音源制作(バレエ、新体操、フィギュアなど各種競技用の音源代行) 幼稚園、保育園、学童、ジム、隙間時間を活用したレッスンの提供 各種習い事スクール(語学、音楽、ダンス、その他カルチャーオンラインレッスン) 舞台、イベント立案・制作(音楽、ダンス、映像、パフォーマンス) 各種レンタルスタジオ事業 地域創生プロジェクト(地域活性化における各種提案) 習い事スクール主宰者向けサポート事業

info@statcreation.biz

全国どこでも対応可能。お気軽にお問い合わせください。

北海道 東北地方 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 関東地方 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 中部地方 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 近畿地方 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 中国地方 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 四国地方 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 九州・沖縄地方 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県



#今日も名言  #365日連続wixブログ

#誰でもいつかは死ぬじゃなくていつでも死ぬ #樹木希林

175回の閲覧

STart creation株式会社

日本全国どこでも対応可能。

事業所:神奈川県川崎市高津区溝口1-17-7橋本ビル3F

電話番号:050-3559-2960

メールアドレス:info@startcreation.biz

主な事業:カルチャースクール経営事業、イベント各種施設における講師、演奏者、スタッフ派遣事業、イベント・ワークショップの企画制作事業、音源編集、音楽制作・サウンドデザイン事業、個人及び企業向け習い事スクールのサポート事業、各種出版事業等

STartcreation(株)は鹿児島ユナイテッドFCのクラブサポーターです

Homepage Designed by TLWorks

©2018 STart creation. All Rights Reserved.