• startcreation

GGG vs村田諒太選手から見る紳士的な方がやっぱりかっこいい



ゲンナジー・ゴロフキン 対 村田諒太選手 の試合が先日ありました。

事前に多くの元、現プロボクサーのコメントなども拝見してましたが、

GGGが勝つだろう。ということで、

元五輪メダリストとはいえ、圧倒的な勝率、KO率、実績を誇る、世界でも歴代のミドル級ボクサーゴロフキン選手は相当な選手とは思っていました。


村田選手、これはもしかして、、、の展開もありましたが

やはり闘神GGG選手。すぐに訂正し、中盤以降はほぼ一方的な展開になりました。



それでも、村田選手が夢、目標にしていたゴロフキン戦。

試合には負けましたが、絶対に倒れない、諦めない気迫を感じ、大変感動した試合になりました。


さて、私がこの試合から感じたのは、

本物のトップ選手の立ち振る舞いから見る格好よさ。人間の器の大きさ。





軽量会見の様子です。和やかで本当にすばらしい会見になりました。



ボクシングの試合ってたまにありますよね?


めちゃくちゃ威嚇したり、相手を罵ったり、挑発したり。

そう、こういうやつね笑


これいつも思うんだけど、格闘とはいえ、スポーツ競技だよな?

だせーなー。と思ってしまいます。


お国柄などもありますし、パフォーマンスなども大いにあると思いますが、

礼儀作法あって、相手をリスペクトして臨む。

それこそが真のアスリートだと思います。



なぜなら、格闘競技は基本的にまず、死をも覚悟した上での試合な訳で、

普通の一般人であれば、ビビってそんな土俵に乗れるはずもなく、

また、ストイックな練習を死ぬほどしてから、この場に臨んでいるわけで、そう言った意味でも、相手に敬意をもって、全力で望むのは割と自然なことかと。


何度も言う通り、これはスポーツ競技の一環で、ルールがあって、まぁルール無用で喧嘩のようにやりたいなら、傷害罪として逮捕されるわけで。


ある程度子供の頃は、こういったパフォーマンスも面白半分に見てましたが、大人になって、「こいつらなんだろうなー」と思ってしまいます。笑



で、今回GGG 選手VS 村田選手 から

真の強い男は、紳士的で器の大きな人間であるべき。


という結論から、元々超短気人間な私ですが、人間力を磨くためにもどういう振る舞いをしていけばいいのか?

紳士とは?


について考えてみようという結論になったわけです。



続く。





事業一覧

・オリジナル動画制作(社歌、商品PR動画、youtube用動画) ←お問い合わせ募集中

・音源制作(バレエ、新体操、フィギュアなど各種競技用の音源代行、オリジナルソング、オリジナルBGM制作) お問い合わせ募集中

・幼稚園、保育園、学童、ジム、隙間時間を活用したレッスンの提供

・各種習い事スクール(語学、音楽、ダンス、その他カルチャー)

・舞台、イベント立案・制作(音楽、ダンス、映像、パフォーマンス)

・各種レンタルスタジオ事業

・地域創生プロジェクト(地域活性化における各種提案)


全国どこでも対応可能。お気軽にお問い合わせください。

info@statcreation.biz


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示