top of page
  • startcreation

意外と知らない!?「自動文字起こし」で作業効率アップ!〜STUDIO STart Creationスタッフブログ〜

意外と知らない!?「自動文字起こし」で作業効率アップ!〜STUDIO STart Creationスタッフブログ〜

当制作スタジオに掲載元ブログこちら





地味、でも面倒…それが字幕。


そんな字幕を「あの機能」で楽々作成します。


こんにちは!


STUDIO STart Creationスタッフ工藤です。


動画音声の文字起こし。


それは動画制作において、地味ではありますが


なかなか骨が折れる作業でもあります。


しかし技術の進歩とは目覚ましいもので、


近頃の動画編集ソフトでは動画の中から


音声を抜き出して自動的に文章化してくれる機能が登場しました。


今回はそんな機能の一つとして、


弊社で使用している「Premier Pro」の


「自動文字起こし」


の紹介をしたいと思います。


Premier Proを使用している方は、


ぜひ参考にしていただければと思います♪


Premiere Proの「自動文字起こし」の使い方


まずは文字起こしを行いたいシーケンスを用意して、


①「テキスト」パネルを選択

②「文字起こし」タブ右上にある「…」をクリック

③サブメニューが開くので、


 「静的な文字起こしを生成」を選択します。

そうすると環境設定ウィンドウが開くので、


④生成したい言語(今回は日本語)を選択

⑤「文字起こし開始」を選択


これで、音声を解析して文章が生成されます。


今回は上手く生成することはできましたが、


音声の状態によっては想定外の文章が生成されることもあり


その場合は文章をダブルクリックすることで再編集が可能です。


時には「なんでこんな文章に!?」といったことも起こり、


その辺りを楽しむのもまた一興です(笑)


文章の生成が完了したら、


次はそれをキャプションとして動画に反映させます。


「キャプション」タブを開き、


「文字起こしからキャプションを作成」ボタンをクリックします。


するとまた設定ウィンドウが開くので、


必要な設定は変更して


右下の「キャプションの作成」をクリックします。


これで、文章が字幕として動画上に生成されます!


シーケンス上にはキャプション用のトラックが作られ、


字幕の表示タイミングや長さの調整が可能となります。


引き続き文章の編集は「テキスト」パネルで行うことができます。


いかがだったでしょうか?


動画が長くなると、取り扱うテキストも膨大になります。


こういった便利機能を駆使して、


効率よく作業を行いましょう♪


以上


Premiere Proの「自動文字起こし」機能の紹介でした!



スタッフ工藤の最近作った動画




閲覧数:272回0件のコメント

最新記事

すべて表示

同じビルの事業者同士ということで動画制作いたしました。

当社の入っているビルの2Fにてクリニックを経営されているオーナー様へ、 お近づきの印に、当社の STUDIOSTARTCREATION のスタッフが PR動画の制作とプレゼントをいたしました。 溝の口 ココロのクリニック 溝口1-17-7橋本ビル2F https://www.laqualite-kokoro.com/

Comments


bottom of page