• startcreation

【別れの話】さよならジーノくん

いよいよお別れの日がやってきた。


彼と出会ったのは2012年6月。


その前に時間を遡って免許や車を買うことについての考え方などを少し書いておきたいと思う。



まず、私は田舎の出身者である。

2時間に一本のバス(しかも最寄りのバス停は家から3キロくらい離れている)。


終電21時台の電車が2時間に一本(最寄り駅までは家から7キロ離れている)。


そんな田舎出身者の人たちには、アルアルなことであろうが、免許をとるということは

もはや生活していく上で必須であり、


私の地元では、16歳になるとほとんどの同級生は原付の免許を取りに行く。

住んでいる地域にもよるが、バイクが無いと生活ができないレベルの町だからである。



そんな環境にあって私も、

16歳で原付免許を取った。

(当時はHONDA ベンリィCL50というバイクに乗っていた)。

探したら今も売ってるのね。




そして、高校卒業間際になると、今度はほぼみんな、必然的に車の免許を取りに行くことになる。お金が〜とか言ってられない。


これも、都会出身の方には想像できないかもしれないが、

生活する上で車が無い=生活ができない。


私も、その流れで地元の教習所で免許だけはとっておいた。

活躍するのはだいぶ先の話だが。



東京に、上京して感じたことがある。

東京は、私の地元より倍いや十倍は便利である。


数分に一本の電車、バス便も充実。それらが深夜帯まであり、

困ったときには、タクシーも捕まえることができる。



東京では必要ない。

結局、免許をとったもののほとんど乗る機会もないまま時間が過ぎた。



車を買ったのは2012年。

10年間近くも、ペーパードライバーの期間を経て、ようやく「念願の」ということになったのである。


東京では贅沢品の車

車を買わなかった理由は、その東京の便利さ故ということも理由の一つだが、

もっと根本的な話、。

車を買わなかったというよりは、正確には買えなかった。ということだ。



東京と私の地元とでは、まず維持費に大きな違いがある。

例えば、東京の場合、駅近くの物件だと駐車場代が月額2〜3万円平気でかかることがある。



これは、ボンビーだった私にはありえない出費だ。


ちなみに、私の地元では、ほぼ駐車場はタダである笑。



また東京には、コインパーキングなどがあちこちに設置されおり、

ちょっと数時間程度停めただけでも数千円するが、


地元の場合、そこの家の主に断りさえとれれば、

そのへんのスペースにタダで停めておける。



そもそも故郷でコインパーキング自体みたことが無い(需要なし)。

そう言った点からも、当時の私には、車は金持ちの贅沢品というイメージがあった。



ジーノに出会うきっかけ

そんなこんなで上京して10年くらい過ぎていったが、ある日突然車を買うきっかけが訪れた。2012年のこと。


これまで駅前に住んできたが、賃貸契約満了を機に、

思い切って最寄り駅から何キロも離れた街に住んでみよう。と思い立ったのだ。


理由としては、勿論契約更新のタイミングだったこともあるが、

ただでさえ狭い部屋に楽器や機材などがあまりにも多くあり、

一部屋丸っと荷物で潰れてしまっていること。

(当時は1LDKに住んでいたが、実質1Kで生活していた笑)、


また、スクール仕事を始めたことで、仕事スペースも確保しなければならず部屋数が足りなくなったこと。もある。


いっそ、家賃、家のグレード、広さなども考慮すると、

都心から離れた郊外の方が適しているのでは無いのか?と思い立ったことである。



こうして、市内の最寄り駅からは、6キロほど離れた自然豊かなエリアに引っ越すことにした。


そして、この決断をしたことで、車が必須となった。


車選びの話

以上が車を購入するに至った経緯であるが、ここからは、私がジーノに出会うきっかけともなった車選びについて話をしたい。


高校時代のバイクの趣向もそうだが、私はクラシカルなタイプの乗り物や、あまり見かけないデザイン(所謂個性的)にどうやら憧れをもっているらしい。



当時は、車の値段も何も分からない中、憧れだけで(特に車に詳しいわけでも無い)

思い描いてた、いつか乗りたい車。というのだけは、ぼんやり頭にあった。



最初に候補したのは:ワーゲンバス



海外の映画でもたまに登場する個性的な車と言ったらこれ。


私が一時はまっていた、アメリカのドラマ、「LOST」でも度々登場していた、一際目につくデザインが印象的な車。

これで、街中を走ったり、キャンプとか行くようになったら、相当おしゃれなんだろうなー。うふふふ、、、



妄想しただけでも、夢が膨らんでいた。



が、、、、すぐにその想いは撃沈した。


予算オーバーである。

車体価格数百万円以上のものばかり、年式も数十年は古く燃費も悪い。

リッター3〜5km。というのも痛すぎる汗

(通常の車だと大体12-3km〜良いもので20km以上。)


あぁ、こりゃ買ったら破産するわ。

というわけで断念。笑


※余談だが、買えなかった代わりに、ワーゲンバス風USBを購入し、仕事で今も愛用中。





次に候補したのは:mini (BMW)


次に候補にしていたのはミニ (BMW)。


街を歩いているとたまに見かけるが、なんといっても外装のデザイン性がおしゃれ。

デザインの幅も多く、この点でも魅力的である。


燃費もそこまで悪くない。が、大きな誤算が。

そもそも私は、miniを軽自動車だと思っていたくらいの知識しかなかった。


え?miniって普通乗用車なんだ。しかも会社なんだ。



(値段見て)

た!高っ!!!!



こちらも予算オーバーである。

そもそも初めての車で、いきなり外車などという派手な選択は、性格上しない。

(適当人間の私でも、こと大きな買い物については私はそれなりに石橋を叩いてから渡る人間である)


というわけで、こちらも断念。




予算間、CPから考える。


色々と車のカタログを読み漁り、

価格、長い目でのコスト(車検だったり、ETCの料金だったり)を考えた結果、

「中古の軽自動車」しかないだろう。という結論になった。



ワーゲンダメ、miniも予算オーバー。

じゃあいずれかに、似たようなデザインないかなーとネットサーフィンする日々。



あった!これじゃないか!?


しかも軽自動車!燃費もよく、車体価格も高くはない。

こうして、ダイハツが出しているミラジーノにたどり着くのである。




左がminiで、右がミラジーノ。


ね!比較しても似てるでしょ。

こうして、頭金0円(笑)、3年ローンにて。

ワンオーナー(走行距離3万キロ)で売られていた「ミラジーノくん」に出会ったのである。



思い出は数え切れないほどに


お金がなくて、車中泊しながら目指した「日本三大花火大会」。



初めてジーノでの九州帰還(大分の別府)。




10年のペーパードライバーを経て、出会った念願の車、ジーノくん。

購入当初は嬉しくて嬉しくて、、来る日も来る日も深夜ドライブに繰り出した。


ある日の夜は東名高速道路を行ったり来たり。

またある日の夜は、意味もなく、横浜まで行って戻ってきたり。


家から真逆に住んでいるような友人たちの送り迎えを無駄に引き受けまくったり(今はもうめんどくさいから絶対やんないよ笑)。


少しずつ、楽しみながら運転に慣れていった。



車を買って1年くらい経った頃、今の奥さんと出会い、初デートに誘ったのもジーノくんである。埼玉スタジアムのW杯予選チケットをゲットするために頑張ったなー。




※注:当時の様子。ノンアルビールです。



今の奥さんと付き合い始めてからは、

ある時は山梨県へ。ある時は日帰り強行で名古屋へ。


徐々に距離を延ばし、いろんな街へ出掛けるうちに、

いつしか、「ジーノくんで全県制覇してみたい。」

という夢を見つけた。





そういえば、強烈な記憶であるが、思い出の一つに

愛媛でいただいた本番仕事の際、

あえて飛行機ではなく、車で向かうという選択をしたことがある。


前夜に車で出発したものの、異音がなり始め、静岡の浜松あたりで故障。

その時の様子。

中のコイルがイカれていた><。


この時点でまだ深夜2時。そこから、加速がうまくいかず。


翌日昼が入り時間という大ピンチとなる。


とにかくその状態でも、前へ進まなければならず、

修理工場が開く明け方までの間、超低速のままで、アクセルを踏み続け、

通常の倍以上の時間をかけて愛媛を目指した。

朝になって、淡路島あたりでディーラーに駆け込む。


結局修理費5万くらいかかり、飛行機の方が安かったんじゃないの?

と思いながら、昼前ぐったりなりながらギリギリ愛媛に到着した、辛い思い出笑



旅先ではいろんな偶然だったり、思い出がある。


ある時は旅先で芸能人に会ったり、TV取材を受ける機会を頂いたり。


青森では、黒石八郎 さんという青森人ご当地タレントさんの番組に急遽出ることに笑



長野の小布施にて。ドロンズ(芸人)の石本さんに遭遇、取材旅を受け笑



シブがき隊の薬丸さんなどが出演しているなないろ日和にもちょろっと出ることになったり。




山口県の萩市にでは、フォトモデルになったり。





岡山県倉敷市の美観地区でも地元のwebサイトに載ったり。





2013年6月〜2018年5月までかけて、国内全県制覇も達成!



悲しい時も、苦しい時も、楽しい時も、嬉しい時もジーノと共に。





多くの夢を描いて、多くのことを思いついて、多くの行動を起こして。

多くのことを語り会い、前向きに進んだ10年。

そんな時間を共に過ごしたジーノくん。


丸10年で、走行距離は15万キロオーバー。


老体鞭打って(笑)

そんなジーノくんとの時間も、このGWがラストランになります。


GW久々の長い休みが取れました。



ラストランは、現在の自宅から、ジーノくんと私の故郷鹿児島への往復4泊6日(あれ?計算おかしいって?笑)の弾丸旅を決行します。


その様子は、後日記録動画でも撮れたらと思います。




さよならジーノくん。

ラストランを駆け抜けよう!


 

事業一覧


・オリジナル動画制作(社歌、商品PR動画、youtube用動画)  ・音源制作(バレエ、新体操、フィギュアなど各種競技用の音源代行、オリジナルソング、オリジナルBGM制作) ←お問い合わせ募集中 ・幼稚園、保育園、学童、ジム、隙間時間を活用したレッスンの提供 ・各種習い事スクール(語学、音楽、ダンス、その他カルチャー) ・舞台、イベント立案・制作(音楽、ダンス、映像、パフォーマンス) ・各種レンタルスタジオ事業 ・地域創生プロジェクト(地域活性化における各種提案) 全国どこでも対応可能。お気軽にお問い合わせください。 ✉️ info@statcreation.biz


閲覧数:93回0件のコメント