top of page
  • startcreation

日本一入店困難なラーメン屋さんに入店した!

今日はスタッフブログです。代表の永野がお送りします。

実は私永野、大のラーメン好きでして、

といっても嗜好のベースは鹿児島ラーメンでした。(鹿児島ラーメンは全国でも独特なラーメン)ブログでも以前少し紹介しましたね。


さて、そんな私ですが、18歳で上京して早20年。すっかり関東にも馴染み、「その味しか知らない」という視点から以前はあまり受け入れられなかった各所のラーメンにも馴染めるようになりました。

恐らくこの20年間で週2−3はラーメンを食べる生活をしてきたせいもありますが、いく先々の土地で「この町で人気のラーメンはなんだ?」と探すのがもっぱらの定番。


そんな私が、ついに出会ったのが神奈川県の西部にあるラーメン店。


実は食べログで最も評価が高く、また大混雑で入店も困難なラーメン店なのです。



こちらクリックで動画がご覧いただけます。



飯田商店という日本一評価の高いラーメン屋さん

ラーメン屋さんの名前は飯田商店と言います。



食べログ全国堂々の第一位


飯田商店が入店困難な理由。


元々は整理券方式でした。朝6時には長蛇の列で(開店11:00にも関わらず)完売になる事もあるラーメン店です。

さらに神奈川最西端の小さな町(都心から車で3時間、川崎エリアからも2時間以上はかかります)にあるため、たどり着くのも困難なお店なのです。

かつて何度、早朝早起きして2時間以上かけて車で向かい、整理券完売で泣いたことか。



最近、混雑者が道路に群がるので地域住民の皆様のために、

予約サイト(予約時に手数料がかかる)で週1回、入店チケットが販売される方式に切り替わりました。

これはこれで毎回1分で売り切れるので、かなり入店困難と言って良い店です。


予約サイトomakase 2023年現在、毎週火曜12:00に販売されます。

その週の木金土日の中から11:00〜15:00の枠の中で希望の時間を選択します。


もちろん即ソウルドアウトになるので、私はスマホとパソコンの2台を使い、

よーいどん!で12:00ジャストにログインしましたが、それでも何度も更新ボタンを押しながらチャレンジしなんとか1箇所取れたに過ぎません。

ある程度曜日時間には余裕を持って「この曜日のこの時間のみ」ではかなり難易度は上がると思います。



最後に感想

感想については是非一度チャレンジをしていただきたいので当たり障りない感想として

  • ・高級料亭のような佇まい

  • ・座席数は20席ほど(1日4回転(11:00の回、12:00の回、13:00の回、14:00の回))

  • ・働くお弟子さんは全員丸坊主。

  • ・女性もしっかり着物を着て接客。

  • ・味は、素材一つ一つにこだわり、よくある分かりやすい味というよりは和風出汁(鰹、醤油、塩、その時の旬のもの)を中心とした奥深い味わい。

  • ・スープ最後の一滴まで飲み干せる極上の出汁。

  • ・せっかくGETできた入店チャンス。皆さん2杯以上頼んでいました。(ちなみに私は動画にもあるように3杯(醤油、塩、つけ麺)を欲張りました笑

以上、少しでも参考になればと思います。


今日は、日本一入店困難なラーメン店にチャレンジしたお話でした!




STart creation株式会社は、音楽、動画制作、イベント舞台制作、スクール経営、オンライン学習塾などを展開する会社です。


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page